相場のグラフが見やすい業者、見づらい業者-FX収支報告第10週目-

スポンサーリンク

どうも、丹内です。前回のFX第9週にてSBI FXトレードでの取引を開始、あっという間に18000円のキャッシュバックノルマをクリアしました。

しかしもう一つのボーナス20000円のほうはまだ未達成、計1000通貨取引が必要なところ現在68.7通貨まで完了です。

しかし前回お話した通り、今週からは「取引をこまめに入れなおして注文水増し作戦」で無理矢理取引量を増やしていきたいと思います。ただし注文/決済のタイミング等についてはいつも通りの自分ルールでいくつもりです。

FX10週目の収益

10週目は12/14(月)~12/19(土)までの取引です。そして取引結果の証拠画像ですが、画像をつなげる際の編集をミスってしまい順番がズレてしまっています、ご留意ください。

なお「取引結果はいいからさっさと本題書いてよ」と言う方は上の目次から"3.チャート(相場のグラフ)が見やすい業者、見づらい業者"へお飛びください。

FX43日目:12/14(月)の収益

この日は16回、21.6lot取引して-1003円でした。

この日からいよいよ取引量水増し作戦の実行です。基本1.5lotで注文を出し、しばらくして決済できるタイミングが遠そうなら一度注文を決済。

そして直後に1.4lotで同じ注文を入れなおします。「取引量を全く同じにすると不自然に見られるかも」という懸念があるんですよね。

FX44日目:12/15(火)の収益

この日は10回、13.6lot取引して-809円でした。

取引量水増し作戦はまだ使わず、いつも通りの取引ルールで売り買いしました。その結果ちょい負けです。

しかし1日の負けは小さめでも、次の月末までにこれがずっと繰り返されると大きな負債となりますからね。負けるのもほどほどにしたいと思います(願望)

スポンサーリンク

FX45日目:12/16(水)の収益

この日は25回、33.7lot取引して-2977円でした……

午前から昼過ぎまではかなり調子が良かったんですが、15時ごろから負けが続き始めます。そしてとどめは早朝5時に-1211円の大負け

この日は計33.7通貨とかなり多めに取引したとは言え、マイナス3000円は普通に大敗ですね。このあと少しでも多く取り返していきたいところです……

FX46日目:12/17(木)の収益

この日は18回、26lot取引して+3317円でした!

この日2回目の取引が-626円でヘコみましたが、4回目の取引で+1311円の大勝。

その後も自分が入ってすぐにグラフが理想の方向へ動いてくれること多数。その結果+3000円越えです、1日でこれほど勝つことは今まで2回くらいしかなかった気がします。

FX47日目:12/18(金)の収益

この日は14回、20.1lot取引して-5526円でした……(´;ω;`)

この日は20時に大負け(-2000円)、少しさかのぼって夕方5時にはまた-1880円ですし、その1つ前でも-1166円の取引をやらかしてます……

前日に大勝して浮かれ気味だった気分も一転、一気にどん底まで叩き落されました……取引のやり方を変えてはいないんですけどね。

スポンサーリンク

FX開始10週目の収益

第10週は全部で83回、115lot取引して-6998円でした……金曜の大敗連発が本当に痛いです。

これでSBIFXでの総取引量は183.7通貨、計-8193円どう見ても1000通貨で2万円キャッシュバックを狙う人の戦績ではないです。

しかし「最悪でもブログのネタにはなる」という言い訳のもと、引き続きFXを続けたいと思います。それにA8.netの方でこれから18000円貰えますしね。

チャート(相場のグラフ)が見やすい業者、見づらい業者

ぼくはこれまで「DMM FX」「JFX」「SBI FX」の3ヶ所でFXの取引歴があります。FX業者はそれぞれに色々な特徴があり、そのうちの要素のひとつがチャート画面です。

この画像↑は今の主戦場であるSBIFXの初期チャート画面、要は相場のグラフが表示される画面ですね。上の画像が「ローソク足」というもので表示されたドル/円チャートで、その見方が分からないうちは下のよく目にするような折れ線グラフを使用します。 ※ある程度はここからカスタマイズも可

画像の場合円の価値が上がる(円高)とグラフは下へ向かい、価値が下がる(円安)とグラフは上へ向かいます。FX中はこの画面とにらめっこしつつ取引を繰り返すわけです。

次に、ゴーゴーカレーを貰った「JFX」のチャート画面です。

特に何もカスタマイズしていない場合、上の画面が表示されます。SBIFXのほうにあった背景の薄い格子線?が無いぶん、こちらのほうが少し見やすいでしょうか。

最後に、ぼくが一番はじめに使ったDMMFXのチャート画面です。初心者向けのスタンダード版の取引画面。

見ての通り、ほか2つに比べかなりすっきりクッキリしています。画面が全体的に明るいおかげか余計に見やすい印象です。

おまけにチャートのすぐ真横に大きなふたつのボタンがありますが、

これはFXの注文ボタンです。左のボタンを押すとドルを円に両替する注文(売注文)、右のボタンで円をドルに両替する注文(買注文)を出します。

このように、DMMFXはグラフの画面と注文ボタンが一体化しており、初心者でも使いやすい仕様になっています。

正確にはSBIFXもこれらふたつは一体化(さっきの画像はグラフだけ全画面に拡大したもの)していますが、

他にもあれこれ情報が多く初心者向けとは言いがたいです。

なのでぼくは今SBI FXで注文を出していますが、見るのは今でもDMM FXのチャートだったりします

しかしJFXはチャート画面のカスタマイズがかなり自由で、いろいろいじっているうちに辿り着いたものが、

このちょっと小さめなチャート画面です。この小窓はモニターがノートパソコンの画面1つしかないぼくみたいな貧乏トレーダーにはかなり重宝します。

アニメを見ているときや、作業中なんかもこうやって画面の端っこにさりげなく置いておけますからね。

なので僕の場合、チャート画面をガッツリ見たいときはDMMFXのデカい画面を、取引のタイミングをまったり待っているときはJFXを、注文を出すのにSBIFXを使っている形になります。

いま現在DMMFXとJFXの口座にはまったくお金を入れておりませんが、一度FX口座を開設するとこうしてチャートだけでも使用できるのはありがたいです。

でむにゃん (原著), 炭酸だいすき (著)

まとめ

  • 初期状態で一番見やすいチャートはDMM FXの画面
  • JFXの小画面チャートもモニターの端に置いておくには便利
  • DMM FXは注文ボタンもとにかくシンプル、FX未経験者には特におすすめ

口座開設ボーナスの内容が破格だった(取引き1回で35000円)のを理由に一番最初に選択したDMMFXですが、チャートの見やすさで考えると良い選択だったのかなと思います。

それにJFXのチャートもデザインのカスタマイズが好きな方には特に重宝しそうです。ぼくはあまりいじらないので活用しきれてませんが……

しかし最初の頃はチャートの画面に張り付いて監視しまくっていたのが、慣れはじめてきた今は見たり見なかったりと適当になってきています。そのせいで損したことも多々ありました、なのであまり集中力を落としすぎないようにしていきたいです……

コメント

タイトルとURLをコピーしました